読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界樹新作についての雑感

sq-atlus.jp

世界樹の迷宮Ⅴの発売が8月4日に決まったそうですね。

3月5日にニコ生特番が放送されるそうです。どんな情報が公開されるのか、楽しみでいっぱいです。気になる方は要チェック!

 

世界樹の迷宮V ニコ生特番 - 2016/03/05 20:00開始 - ニコニコ生放送

 

その一方で、今後の世界樹の展開について不安も感じています。

割と尋常でないレベルであると思うのでつらつらと記していこうと思う。君たちはこの文章を読んでもいいし、読まなくてもいい。

 

 

生放送に関しての不安

とりあえず一番に疑問に思ったのが「出演者がなぜ製作スタッフではなく声優なのか」。

川原慶久さんは新・世界樹の迷宮に出演しているからまあ一応縁があるとしよう。進行するMCは必要だよね。

あとの二人…世界樹の迷宮となんの関係があるのやら。

メインスタッフを差し置いて出演させる意味は一体何なんだろう。「世界樹大好き声優」みたいな感じだったら特に出演は求めないかな。

 

…とこれを書いてる時に気付いた。世界樹Ⅴではキャラメイクに際してCVも設定できるらしいね。

名塚さんと村瀬さんの名前があった。CVいらない派なので、この情報は知りたくなかった…。

ソースがはちまなので真偽の程は定かではないけれど。

『世界樹の迷宮5』登場する4つの種族と10の職業が明らかに!キャラメイク時に22人の声優からボイス選択可能。オッドアイも設定できるように : はちま起稿

 

 CVいらない

これについて熱く語ろうかと思っていた時に出鼻をくじかれた。ちくそう。

新・世界樹の情報公開の時からあまり快く思ってなかったんだけど、実際にプレイしてみて「世界樹シリーズにCVっていらなくね…?」とすごく感じました。

提示されている少ない情報の中から、個々人の想像や解釈でキャラへ愛着を持ったり、おぼろげな世界を自分で補完したりできることが世界樹シリーズの楽しみ方のひとつだと思ってます。

CVを与えられるということは、想像の余地を一つ奪われることっていう気持ちがぬぐえないので、私はCV反対派です。気に入るものがなかったら妥協で選んだ声を延々聞かされるだけになってしまうしね。

無口を選ぶことができる(らしい)ことだけが救いか。選択の余地って大事。(一応新・世界樹シリーズにもCVをミュートにする機能はあった)

ついでに言えば、声優起用にかける金があるならそれを全部開発資金に回してほしかった。プレイヤーの間口を広げるのは声優じゃない。ゲームとしての面白さだ。

 

DLC

新・世界樹の迷宮2では追加DLCがゲーム発売後に順次公開されていきました。有料で

内容的には購入しないとゲームをフルで楽しめないというもの。全部購入すると2950円。フルプライスでゲームを購入したのに、さらにお金を積まないと楽しめないってどうなの。

ゲーム内通貨の購入とか、冒険する上で便利だけどゲーム内では入手しづらい消費アイテムを有料DLCでゲット、とかの「ゲームプレイを快適にしたい」人向けの有料DLCってのはあってもいいんじゃないかなあとは思うんだけど。

ストーリーをサクッとプレイしたい人、なかなかプレイする時間がとれないから作業を極力減らしたい人なんかはお金の力でパワープレイ!みたいなことができるからね。「君たちはこのDLCを利用してもいいし、利用しなくてもいい」程度で済むものならさほど気にしない。

でも、DLCじゃないと侵入できないMAPがあるってのは明らかにゲームとしての価値を落としていると思う。「未完成のものを売りつけんな」と強く憤慨しました。Ⅴでも有料DLCがあったらホントに嫌だ。

DLCへのこだわりを特番で公開されたら購入意欲がダダさがりしてしまう…かもしれない。

 

ゲームシステムの不安

戦闘面や育成面で作品ごとに少しずつ変化をつけてる世界樹シリーズ。毎回楽しくやってたんだけど、どうしてもなじめないシステムがあった。それは…

 

グリモアシステム

 

グリモアとは、自身が所持しているスキルを石として生み出すモノ。

スキルが宿ったグリモアを付け替えることでさまざまなスキルを扱えるようになる。

より自由度が高く戦略性に富んだバトルを楽しむことができる。

(新・世界樹の迷宮公式サイトより抜粋)

 

要するに、「アイテムを装備することで他職やモンスターのスキルを使用できるようになる」 タイプのビルドシステムなんだけど、自由度の高さの裏にあるランダム性のオンパレードとUI周りのクソさ加減がプレイのテンポや没入感を悪くしてた印象しかなくてイライラしっぱなしでした。

モンハンのお守りシステムとかもそうなんだけど、キャラのビルドに必須レベルになるのに異常にランダム性が高いアイテムって、育ててる感覚がなくなるから好きじゃないんだよね。

スキルの自由度が高くなれば没個性化も進むし、個人的にはⅣのサブクラス程度が丁度いいかなと思っていたから、運に任せる割合の大きいビルドシステムは勘弁してほしい。

自分で書いてて完全に新・世界樹の愚痴になってるなーと思うんだけど、実際これまでのナンバリングタイトルにはなかった不満が新・世界樹に凝縮されてたからしかたない。

 

まとめ

新・世界樹シリーズが大嫌いだという結論に落ち着いてしまった。

10年近く続いてるコンテンツだし、それぞれの特色もあるから好き嫌いが出るのはしょうがないけど、それにしても。

新作はナンバリングタイトルだから新・世界樹シリーズに感じていた不満の一部(原作ブレイク)はないだろうからそこは安心なんだけど、やっぱり不安は付きまとうわけでして。

いろいろ文句を垂れ流したけどやっぱりこのシリーズは大好きだし、これからも楽しんでやっていけたら嬉しい。

シリーズを重ねるごとにちょっとずつ操作性が上がってるとかちゃんとゲームとしての進化や良い面もあるから、じっくり作って「やって良かった、面白かった」と心から思える作品になってくれたら、と切に望みます。

 

勢いに任せて書いたので見直したら変なところがいっぱいあるかもだけど、これにて終了です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサーリンク】